薄毛対策コラム

シャンプー

シャンプーが泡立たない原因と対処法

  • シャンプーの泡立ちが悪い気がする
  • シャンプーを足しながら髪を洗っている

その商品、そのまま使い続けて本当に大丈夫?

  • シャンプーが合わないから?
  • 頭皮がそんなに汚れているせい?
  • もしかして皮脂が多いとか?

憶測ばかりを並べても不安が増すばかり。

まずはシャンプーの泡立ちが悪くなる原因を知っておくことが大切です。

シャンプーが泡立たない原因

シャンプーが泡立たないのは、以下のような原因が考えられます。

  • 皮脂汚れ
  • すすぎ不足
  • 整髪剤
  • 髪のダメージ

順に解説していきます。

皮脂汚れ

皮脂とは、皮脂腺から分泌されるもの。

脂肪などを含む液体です。

  1. 皮脂腺の腺細胞が内部で合成した分泌物を多量に蓄積
  2. 細胞全体が崩壊
  3. 皮脂内腔に放出される

油上の物質です。

皮脂は、外的刺激から頭皮を保護する役目もあります。

夏の紫外線ダメージ等を防ぐ役割もあります。

皮脂がなくなると、乾性フケといって、乾燥したことでフケが発生することもあります。

しかし、皮脂による影響はデメリットもあります。

  • 髪に栄養と酸素が行き渡らないことで細くしてしまう
  • 抜け毛の原因になる

皮脂は脂肪酸あるいは中性脂肪などが主な成分。

ホコリや垢などと結合すると頑固な汚れになります。

さらに、酸素と結合し酸化することで黄色くなるのです。

【対策方法】

①ブラッシングを行います。

ブラッシングにより、頭皮や髪に付着した油分や汚れをきちんと落とすことがポイントです。

【ブラシの選び方】

ブラシは豚や猪など動物毛のブラシが良いです。

なぜか?

  • 髪や頭皮への密着力が高い
  • 汚れを吸着しやすい

②生活習慣の見直し

皮脂が多くなる原因は、生活習慣の乱れが原因。

  • 睡眠不足
  • 油分の多い食生活

こうした点もきちんと管理をしておくことが大切です。

すすぎ不足

シャンプー前にはしっかり頭皮も髪も予洗いをしておきましょう。

すすぎをしっかり行うことで、皮脂や汚れの6割から7割は流せます。

つまりは、すすぎをきちんと行っていないことが原因で泡立ちが悪くなります。

時間的目安は、2~3分程度。

お湯の温度は、38度から40度以下がベストです。

きちんと指を頭皮に近づけ髪を手ぐしのように汚れを取り除いていきましょう。

整髪剤

ヘアワックス、スプレー、ジェル等を利用する人も多くなりました。

しかし、油性整髪料の使い過ぎは、シリコンや油分で髪がコーティングされてしまいます。

しっかり固まるタイプほど落ちにくいので、十分時間をかけてすすぎを行うようにしましょう。

髪のダメージ

  • カラー剤
  • パーマ剤
  • 白髪染め
  • エクステ
  • 紫外線

など髪にダメージを与える要素はさまざま。

髪がダメージを受けるとキューティクルが開きやすくなります。

その分、水分やシャンプーが吸収されてしまいます。

結果的に泡立ちが悪くなります。

トリートメント等のケアを行うことで対策が可能です。

 

シャンプーに多い質問事項

  • 回数
  • 継続

それぞれ解説していきます。

泡立たないまま洗い続けるべきですか?

この答えは、NOです。

本来シャンプーとは、泡で髪の毛や頭皮に付着した汚れを浮かすことが目的です。

泡立たない状態では、キューティクル同士で摩擦を起こしやすい状態。

つまりは、簡単に剥がれてしまう状態になります。

シャンプーを2回するのは?

入浴時に2回に分けてシャンプーを行うのは有効な場合もあります。

メリット

  • 1回目で整髪料などの汚れを落とすことが可能
  • 2回目には頭皮の皮脂汚れなどを浮かせるということも可能

特に、整髪剤や外部の汚れの付着などが気になる場合は有効です。

デメリット

  • シャンプーのすすぎ残しが心配な人もいます。
  • 洗浄力の強いシャンプーの場合、皮脂を取りすぎてしまい、逆に乾性フケの原因になることもあります。
  • シャンプー量の使い過ぎによる頭皮トラブルの原因にもつながります。

使う量や洗い方をきちんと理解した上での実践が必要です。

 

正しいシャンプーの方法

 

市販のドラッグストアや薬局、ネット通販限定商品をいくら探してもいい商品にたどりつけない。

こんな無駄金を使っている状態の人も多いです。

まずは髪の洗い方についてきちんとりかいすることが大切です。

  1. すすぎの徹底
  2. 少ない量のシャンプーで髪の毛に塗るイメージ
  3. 泡立ちが悪い場合は、一度すべてをすすぎます
  4. 再度シャンプーをした際にも泡立ちが悪い時は、洗い方を指導してもらうようにしましょう

このように、基本は、男性なら、1プッシュ又は半分の量でシャンプーは泡立ちます。

女性のロングでも2から3プッシュで十分です。

それ以上を使っているなら、髪の洗い方そのものをきちんと発毛サロン等で指導を受けることが大切です。

PAGE TOP

ホームヘッドサポートの生える発毛初めての方へ- 施術の流れ-お客様の発毛実績薄毛脱毛対策コラム店舗案内・アクセスお問い合わせ

運営会社 合同会社IC パートナーズ・ジャパン 〒425-0035 静岡県焼津市東小川2 丁目17-1 Tel.054-626-1630

COPYRIGHT © 合同会社IC パートナーズ・ジャパン【 ヘッドサポート 】 ALL RIGHTS RESERVED.