薄毛対策コラム

シャンプー

朝シャンの効果|メリットデメリットや洗う時の注意点

  • 1日の終わりに髪を洗う時間がない
  • お風呂に入る時間がもったいない(早く寝たい)
  • 朝風呂や朝シャンが当たり前

朝シャンには、メリットもありますがデメリットもあります。

薄毛や抜け毛を気にする方に注意していただきたいポイントもあります。

今回の記事では、以下の目次で朝シャンのメリットデメリット、効果について解説しています。

朝シャンのメリット

朝シャンのデメリット

朝,晩2回以上シャンプーは?

効果的な朝シャンの方法

髪をきれいに保つポイント

朝シャンのメリット

 

前提として、シャンプーは夜に行うのが基本です。

朝シャンのメリットもあります。

メリット

  • 寝起きに目が覚める
  • スッキリする
  • 寝汗や頭皮の皮脂を取り除く(においを防ぐ)
  • 髪のセットがそのまま簡単にできる
  • 寝癖を直す手間がない

朝シャンのデメリット

 

朝シャンをするとどんなデメリットがあるのでしょうか?

すすぎ残しの可能性

  • 朝は時間がない。
  • バタバタすることが多い。

つまり、髪を丁寧に洗うという余裕がない。

シャンプーはするけど、すすぎは簡単に済ませている。

以下の点に注意が必要です。

  • 前頭部や後頭部、耳の後ろなどのすすぎが不十分になる
  • すすぎ残しの皮脂や汚れはフケやかゆみの原因になる
  • 洗髪直後に外に出ると紫外線によるダメージを受けやすい
  • 皮脂を取り除きすぎると、バリア機能が発揮されない

皮脂を取り除くバランス

自分の髪を洗う時に、皮脂汚れを意識して洗うのは難しい。

とにかくスッキリしたい。

この気持ちはよくわかります。

しかし、必要以上に皮脂を取り除くと、皮脂の過剰分泌の原因につながります。

なぜか?

  1. 皮脂をすべて取り除く
  2. 身体は皮脂が不足したと判断してしまう
  3. 結果的に、皮脂が分泌されやすい環境になる

このような流れから、余計に皮脂を分泌させてしまうのです。

食生活の乱れにつながる

起床後に仕事や学校に行くまでにやるべきことは複数あります。

  • 手荷物の確認
  • 着替え
  • メイク
  • ヘアセット
  • 朝食
  • 部屋の片づけ(人によっては洗濯等)

仕事や学校に行く人は、朝のバスタイムを優先するあまり、朝食の時間がないという人も多い。

この結果、以下のようなリスクもあります。

  • 集中力の低下
  • 昼食時の血糖値の急上昇

このような体のバランスを考えると、朝の時間の使い方においても朝食の時間は大切です。

朝晩2回以上のシャンプーは?

朝は、外出前だから欠かせない。

夜も仕事で汗をかくから気持ち悪いからシャンプーをしたい。

こんな生活になっている男女も多くなってきました。

結論としては、朝晩2回のシャンプーは問題ありません。

しかし、注意点もあります。

夜のケア方法

夜のケアは、1日の汚れを除去することが大切です。

よって、きちんとシャンプーも泡立てて髪の毛、頭皮の両方の汚れを落とすことが大切。

朝のケア方法

朝の時間はシャンプー量を夜よりも少ない分量で用意しましょう。

なぜか?

  • 髪の毛に付着する汚れ
  • その後の紫外線によるダメージを考慮する。

朝は毛先にトリートメントもついている状態です。

あまり多くのシャンプーを使うと、せっかく夜間に利用したコーティングを無理に剥がすことになります。

夜に汚れを落とす。

朝は湯シャンに近いシャンプー量でケアを行う。

この考え方が髪を傷めないためのケアになります。

効果的な朝シャンの方法

効果的に朝シャンをするためには何を気をつけるべきか?

ポイントは以下の通り。

  • 朝早めに起きる
  • シャンプーをする時間よりも乾かす時間を確保する
  • タオルドライやドライヤーも行う
  • 生乾きの状態で放置をしない

トラブル対策を意識する。

乾かす時間を確保することを優先しましょう。

髪をきれいに保つポイント

朝シャンをすることは、人によっては、ストレス発散の効果もあります。

しかし、朝は、夜にシャンプー、トリートメントを行っているのなら、湯のみでスッキリさせることも可能。

すすぎの時間が重要

  • 身体を洗うボディソープ
  • 手洗い用のハンドソープ
  • メイク落としや洗顔材。

いずれを使用する場合でも基本的にはすすぎのほうが大切です。

なぜか?

髪も皮膚も異物がそのまま残ってしまうことがダメージの原因につながるからです。

よって、すすぎの時間を大切にすることが、美しい髪、綺麗な髪を維持するためにはとても重要なのです。

生活習慣の見直し

シャンプーをすることだけがヘアケアではありません。

  • 睡眠時間の確保
  • 栄養バランスのよい食生活
  • ストレスをためない生活
  • 適度な運動

上記のようなことも大切です。

食事においては以下のような栄養素も髪の成長には大切。

  • たんぱく質
  • ビタミンC
  • ビオチン
  • 亜鉛

髪は、80%~90%がタンパク質により構成されています。

それぞれの栄養素の働きをまとめてご案内しています。

亜鉛 新しい髪の細胞を産生
ビタミンC 亜鉛の働きを補助する
ビタミンB 髪の成長を促す
たんぱく質 ケラチンというたんぱく質で構成されている

枝毛や切れ毛のトラブルの原因

  • 髪の毛のハリやコシが無くなった気がする
  • 最近、切れ毛が多い
  • 枝毛が気になる

こんな悩みはありませんか?。

この場合は、タンパク質が不足していることも多いです。

身体の内側から髪を整えるための環境を作りましょう。

発毛サロンでは、ヘッドマッサージや頭皮ケアだけでなく、お客様の日頃の食生活のメニューから具体的な改善ポイントもご提案しております。

たんぱく質不足のサイン

髪以外にも以下のような変化があったら、タンパク質不足のサイン!

  • イライラする
  • シワ、たるみが気になる
  • 疲れやすい
  • 太りやすい
  • 筋力の低下
  • 貧血
  • むくみ
  • 集中力の低下
  • 姿勢が悪くなる
  • お腹周りのゆるみ
  • 爪が割れる、欠ける、縦筋が入りやすい
  • 免疫力の低下

思い当たることがあれば、まずタンパク質の摂取の見直しからはじめてみては?

PAGE TOP

ホームヘッドサポートの生える発毛初めての方へ- 施術の流れ-お客様の発毛実績薄毛脱毛対策コラム店舗案内・アクセスお問い合わせ

運営会社 合同会社IC パートナーズ・ジャパン 〒425-0035 静岡県焼津市東小川2 丁目17-1 Tel.054-626-1630

COPYRIGHT © 合同会社IC パートナーズ・ジャパン【 ヘッドサポート 】 ALL RIGHTS RESERVED.