薄毛対策コラム

食べ物

髪の毛に必要な栄養「ケラチン」とは?豊富な食べ物

髪の毛の主成分のひとつである「ケラチン」について解説していきます。

髪の主成分ケラチンとは?

髪の主成分は、ケラチンというたんぱく質。

ケラチンとは

そもそもたんぱく質とは、アミノ酸が複数つながったもの。

ケラチンが不足するとどうなるのか?

  • 髪の毛のハリやコシがなくなってしまう

結果的に、元気のない髪の毛になってしまう。

深刻な場合は、生えてこなくなってしまうこともあります。

ケラチン生成に必要なもの

ケラチンは、食事から摂取することが大切。

特に注意が必要なのは、いろいろなたんぱく質を摂取することです。

たんぱく質が豊富な食べ物

  • 鶏肉
  • 牛肉
  • 豚肉
  • 大豆
  • ブロッコリー

など近所のスーパーやドラッグストアで入手可能な食材が豊富にあります。

たんぱく質と同じくらい髪に大切なのが

  • 亜鉛
  • ビタミン(ビオチン)

なぜか?

摂取したたんぱく質から髪の毛を生成するのを助けてくれる栄養素。

食べ物を摂取する際には、それぞれが単体では機能しません。

栄養バランスの良い食事とは、組み合わせをコントロールすることです。

 

薄毛の進行も改善も個人差?

男性のAGA(男性型脱毛症)、女性のFAGA(女性男性型脱毛症)のいずれの薄毛も環境による影響が強いことは最近の研究で明らかになっています。

同じ遺伝子でも治り方が違う?

一卵性双生児11組を対象と下AGAの薄毛の進行具合を比較調査実験が開催されました。

この結果、11組中5組に初診の時点で毛髪量に差が出ました。

1年間同じ治療を行った経過観察。

この結果、優位性は、5組中4組の薄毛進行具合に差があったのです。

結果的に同じ遺伝子を持つ者でも生活習慣や職業などおかれている環境によって左右する。

こんなデータを見たら、「自分の身体は相性がいいの?」と思ってしまう人もいるので?

ライフスタイルによる影響が大きいことは医療機関でも公開しています。

薬の処方と金銭的な負担

  • 抜け毛が気になる
  • 薄毛を改善したい!
  • これ以上悪化しないために何か対策をしておきたい

でも風邪やアレルギーとは違い、一過性の薬の使用で改善できることではありません。

最初は安いと思って軽い気持ちで処方を受ける人は多いです。

しかし、「途中で薬をやめることは難しい」とか「やめると元に戻る」という話を聞いて戸惑う人も多いのです。

改善してきたら薬をやめようと思っていた人の中には、ショックを受ける人も多い。

  • 金銭的な問題
  • 飲み続けることにストレスを感じるようになる

結果的に「aga治療を受けたことを後悔している」という人もいるのです。

 

生活習慣の見直しで改善したい方へ

生活習慣の中でも見直すべきことはたくさんあります。

  • 喫煙や飲酒
  • 食事
  • 睡眠時間
  • ストレス
  • 正しいヘアケア
  • 髪型(ヘアスタイル)
  • 紫外線対策

など生活習慣の改善だけでもまだまだ存在します。

どれかを試すのではなく、すべてを見直すことが大切です。

そんなんことを言われても何をどう改善すればいいのかわからない。

こんな人は、まずは20年以上の実績がある専門店で相談しましょう。

静岡県中部【焼津、藤枝、島田、牧之原、御前崎、磐田、掛川、菊川、森町】等のエリアにお住いの男女から多くのご相談をいただいております。

ヘッドサポートは、25年の実績があります。

お気軽にご相談ください。

参考資料

毛髪医学通信

 

PAGE TOP

ホームヘッドサポートの生える発毛初めての方へ- 施術の流れ-お客様の発毛実績薄毛脱毛対策コラム店舗案内・アクセスお問い合わせ

運営会社 合同会社IC パートナーズ・ジャパン 〒425-0035 静岡県焼津市東小川2 丁目17-1 Tel.054-626-1630

COPYRIGHT © 合同会社IC パートナーズ・ジャパン【 ヘッドサポート 】 ALL RIGHTS RESERVED.