薄毛対策コラム

食べ物

コンビニ弁当が体に悪いは嘘?偏りがちな食生活の見直し方

コンビニ弁当やテイクアウト食品には、多量の化学物質が含まれています。

  • 缶詰
  • レトルト
  • インスタント食品
  • ファーストフード

手軽に手に入る事がメリット。

昼夜を問わず、忙しく働き続ける現代人。

いつも仕事終わりにはスーパーもドラッグストアもしまっている!

こんな状態の人は、自炊をしていない場合は、コンビニが手軽に買い物ができる絶好のスポット。

でもちょっと体のことを考えるようになると、以下のようなキーワードが気になる。

  • 人工調味料
  • 添加物
  • 成分

なんとなく、不安になってしまう人は多い。

もちろん、企業側も健康管理に配慮した商品開発や販売をしていることはCM等でも伝わってくる。

では実際にはどうなのか?

コンビニ弁当やおにぎりが危険と思われる背景

コンビニ弁当やおにぎりばかりでは体に悪い!

こんなことを一人暮らしを始めた子どもに親が伝えている。

でもそれってなんの根拠が合って言っているの?

  • 添加物への不安
  • 栄養バランスが悪い
  • 食品の管理体制

以上のような内容を心配しているのが背景。

危険と思っている人は誤解している?

危険なはずないでしょ!

大丈夫だよ!

こんな風に伝えている人が知るべき情報をご案内していきます。

工場生産の限界

コンビニだけではありません。

惣菜コーナーなど店頭に運ばれている食品の中には、店内で作られたものではない商品も多いです。

この食材に言えることですが、「多少日持ちするように加工している」

この点を問題視しているのです。

しかし、この点は、コンビニの食べ物に限った話ではありません。

原材料を出荷する国もいろいろあります。

さらに、近年の遺伝子組み換えによる作物の増加。

土壌汚染された土地で栽培された食材。

このような内容を考えると、国内管理された環境のほうがまだよいともいえるのです。

コンビニ弁当は、この対策として
夏場でも48時間、放置しても腐らせないために
多くの食品添加物を使用します。

いわゆる「保存料」です。
これは、保存期間を長くするためです。

栄養バランスが崩れるのか?

コンビニのお弁当にも徐々にカロリーや摂取できる栄養素等を表記する流れが生まれた。

実際に、福岡県内の養豚農家で
コンビニ弁当やおにぎりを、母豚に毎日3キロずつ与えたところ
奇形や死産が相次いでいた、との報告があります。

豚の妊娠期間である、114日後のお産で死産が相次いだり
生まれた子豚も奇形だったり、虚弱体質ですぐに死んだり
生育不良だったり
透明の羊水が、コーヒー色に濁っていたといいます。

ハッキリとした原因を解明することは困難となっている。

しかし、何もなかったという報告ではないのが心配される要因なのです。

店内管理の限界

夏には涼しい環境

冬には暖かい環境

快適な店内環境を保つためには、人の体感温度に合わせたエアコンや空調管理体制が求められる。

しかし、その中に、

  • 冷凍保存
  • 冷蔵保存
  • 常温保存

全てが混在している。

さらに、24時間365日どんな人がどんな服装で来てもおかしくない。

コロナ禍になれば、感染者が手にすることも仕方がない環境になっている。

これは、食品だけでなく、すべてに言える。

いかなる管理をしたとしても、人の体感温度と食品の最適化というのはかなり難しい。

これが、管理の限界ではないでしょうか?

コンビニ弁当やおにぎりと髪の毛の成長

添加物などの物質の悪影響と髪の原料となる良質のタンパク質不足が考えられます。

良質の動物性タンパク質と植物性タンパク質。

タウリンや鉄分の摂取不足

これらは、毛母細胞の正常な分裂を阻害し、脱毛を引き起こす可能性があります。

食中毒や遺物の混入等がないとしてもやはり自分の家で調理をすることのほうが無難。

肥満や肌荒れなどの原因

体によくないとされる背景として髪に関係のある対象をご紹介していきます。

不規則な食生活をしている人は以下のような悩み、症状を経験していることが多い。

  • 肥満
  • 肌荒れ
  • 便秘
  • 高血圧
  • 生活習慣病
  • 冷え性
  • むくみ
  • 肩こり

これらの原因となるのが、血行不良。

血行不良が起こるということは必然的に頭皮の環境も悪化しやすい。

さらに、髪に栄養が届かないため、ヘアサイクルの乱れの原因にも関連します。

よって、仮に健康管理の点に何もなかったと思っていても、自然と血流が悪くなりやすいからだになれば、脂肪も付きやすくなります。

これが食べ続けることにメリットがないと言われる背景と考えるべきではないでしょうか?

美容や健康を意識しするのであれば、この辺りはこの疑問が大切。

「自分が今の生活を続けても肥満や血流悪化にならないか?」

この答えとして、不安があるなら、体に負担がかかりやすくなっている対象と考える。

さらに、代謝機能が落ちやすくなったら、慎重に対応することをおすすめします。

参照記事

https://mbp-japan.com/hiroshima/genki-kaifukudo/column/5072137/

PAGE TOP

ホームヘッドサポートの生える発毛初めての方へ- 施術の流れ-お客様の発毛実績薄毛脱毛対策コラム店舗案内・アクセスお問い合わせ

運営会社 合同会社IC パートナーズ・ジャパン 〒425-0035 静岡県焼津市東小川2 丁目17-1 Tel.054-626-1630

COPYRIGHT © 合同会社IC パートナーズ・ジャパン【 ヘッドサポート 】 ALL RIGHTS RESERVED.