薄毛対策コラム

睡眠

枕に抜け毛が多い人必見!毛穴の汚れの原因や対処法まとめ

突然ですが、こんな悩みを抱えていませんか?

  • 朝起きて枕を確認すると抜け毛が多いことに驚く!
  • すごい本数が抜けている気がする
  • このままハゲるのか心配

もしこんな状態になっているのなら、何から見直すべきなのか?

インターネット上で検索しても正しい情報にたどり着く人は少ないです。

Yahoo知恵袋や2ちゃんねる等で自分の信じたい事ばかりを鵜呑みにしていませんか?

こんなことをするよりもまずは薄毛専門院や治療を行う施設の情報を確認しておくことをおすすめします。

今回の記事では、枕に抜け毛が多い人の原因と対処法について以下の目次で紹介しています。

枕の抜け毛の本数に注意!

枕に抜け毛が多い原因

枕に抜け毛が多い時の対処法

枕の抜け毛の本数に注意!

まずは、枕についている抜け毛の現状を把握することが大切です。

何本以上が異常なのか?

この答えは、目安が明確に決まっているわけではありません。

正常な髪の抜け毛は、1日100本程度です。

しかし、この本数はすべて自分の目で確認ができる本数というわけではありません。

20代で抜け毛が気になる方へ

20代大学生や新社会人になって生活リズムが変わったという方も多いはず。

  • ストレスが増えた
  • 社会人になってから夜型生活から朝方に変わった
  • 転職したことで起床時間も帰宅時間も変わった。

若ハゲにならないか心配。

こんな人は、まずは、毎日なのか?それとも一過性なのかをチェックしましょう

30代の抜け毛

30代男女にも抜け毛の悩みは多いです。

しかし、男女によって、考えられる要因は異なります。

男性 不規則な生活
睡眠不足
ストレス
偏った食生活
間違ったヘアケア
女性 妊娠、出産等の産後の影響

このように男女によって、違いが出やすい時期でもあります。

40代の抜け毛

髪の毛が抜けたと思っても本数は、10本から15本程度。

このくらいの毛が抜けているなら、問題ありません。

枕カバーを交換したら抜け毛が増えた気がする。

こういう人は、繊維と髪が絡んで切れてしまった可能おせいもあります。

50代の抜け毛

50代でも本数は数本から10本レベルであれば問題ありません。

枕についている髪の質を確認

髪についている髪をもう一度チェックしましょう。

この時、以下のような特徴があるか確認しておくことが大切です。

  • 短い毛が多い
  • 細い毛が多い
  • ハリコシがない
  • 引っ張ったら簡単に切れてしまう(弱っている)
  • 毛根が付いている

生え変わる時のヘアサイクルによる影響とは違うのか?

この点を確認しておくことが大切。

通常のヘアサイクルは、男性は3年から6年、女性は4年から7年。

正常な髪は、成長期、退行期、休止期という流れでサイクルを繰り返します。

枕に抜け毛が多い原因

  • ブラッシングをしても髪が抜ける
  • シャンプーをしてすすぎをした後に排水口にも髪が溜まる

寝ている時以外にも抜け毛がある人と無い人でも見解が異なります。

まずは枕に特化した原因を見ていきましょう。

寝相が悪い人

基本的に寝返りをうつことで、人の頭は、枕にこすりつけられます。

つまりは、髪にダメージを与える行動を自然な動きの中で経験しているのです。

この時に枕との相性が悪い場合は、髪が絡んでしまう。

睡眠中は誰も意識することはできません。

ですから、少しでも髪に摩擦が少ない枕カバーを選ぶことも大切です。

枕や枕カバーが汚れている

髪が汚れているとか頭皮環境が悪いと言う事ではありません。

枕は、毎日利用している間に、以下のような汚れが付着します。

  • エアコンからの汚れ
  • 大気中に漂うほこりなど
  • 人の身体から排出される皮脂や頭皮細胞の欠片
  • よだれや唾液
  • 寝汗

つまりは、雑菌の繁殖しやすい環境になっているのです。

この状況をそのまま放置して、洗濯もせずに放置したらどうなるでしょうか?

当然、雑菌が繁殖しやすい状況が容易に想定できます。

髪の乾かしが足りない

特に、自然乾燥などで放置をしている人は要注意。

髪は、本来お風呂上りにはきちんと以下の流れを実践しておくことが大切。

  1. タオルで水けをきる。
  2. どらいやーで乾かす

この流れをお風呂上りにすぐに行うことが大切です。

体は、拭くのに髪は放置してそのままソファな度に腰かける人は多いです。

しかし、こうすると、以下のようなことが起こります。

  • 部屋の中にある汚れが水分により付着しやすくなる
  • 頭皮は水分を吸収することでむくみやすくなる

このように、頭皮に対して決して衛生的ではない環境が生まれます。

雑菌が好む頭皮環境になる事を意識しましょう。

頭皮トラブルが気になる人は、まずはこういう生活習慣から見直すことが大切です。

部屋の湿度や温度環境

寝ている間の湿度や温度環境も頭皮や頭髪にダメージを与える原因と関連します。

毛穴に皮脂が詰まる悩みを抱えている人の部屋は比較的乾燥している傾向があります。

室内が乾燥していると、以下のような反応が体に起こりやすくなります。

  1. 頭皮が化膿しやすくなる
  2. 頭皮を潤すために皮脂を分泌する
  3. 毛穴に皮脂が溜まる
  4. そのまま放置することで、皮脂が詰まる

こんな状態を自分で作っているとしたら、もったいないですよね。

枕に抜け毛が多い時の対処法

では具体的には何をすればいいのか?

以下の見直しが大切です。

  1. 枕と頭皮の汚れの関係を知る
  2. 枕カバー等を見直す
  3. シャンプー等のヘアケアの見直し
  4. 睡眠時の室内環境

順にご紹介していきます。

枕と頭皮の汚れの関係を知る

枕の内部は、細菌などが繁殖しやすい環境になっています。

枕を洗濯しないでいると、内部で頭部常在菌類(主にカビ菌類)が繁殖します。

毛穴からこの頭部常在菌が侵入すると、やはり顆粒球が毛母細胞に影響を及ぼします。

その結果として、脱毛が引き起こされると考えられます。

枕カバーを見直す

決して高額な専門の枕カバーを購入する必要はありません。

しかし、髪がすれてしまうような心配がある商品は避けましょう。

毛羽立ちが目立つというのなら、買い替えを考えるほうが良いでしょう。

寝室の室内環境の見直し

寝室内の環境も季節的問題を含めて見直しておくことが大切です。

梅雨の時期

秋の始まり

こうした時期には、動物の抜け毛が多くなる季節です。

よって、枕につく髪の量が多くなることもあります。

10本が20本になった。

こんなことに慌てる前に、まずは乾燥と湿度などをきちんと確認することが大切です。

シャンプーなどのヘアケア

シャンプーにおいても以下の点は注意が必要です。

  • 皮脂を取り除くことにこだわりすぎない
  • 頭皮のバリアとなる皮脂膜もはがしている可能性を考える
  • お風呂上りにさっぱりしたと思うのは危険なサイン?

このように、シャンプーをした後の程よい保湿を感じられるような状態をきちんと理解することが大切です。

PAGE TOP

ホームヘッドサポートの生える発毛初めての方へ- 施術の流れ-お客様の発毛実績薄毛脱毛対策コラム店舗案内・アクセスお問い合わせ

運営会社 合同会社IC パートナーズ・ジャパン 〒425-0035 静岡県焼津市東小川2 丁目17-1 Tel.054-626-1630

COPYRIGHT © 合同会社IC パートナーズ・ジャパン【 ヘッドサポート 】 ALL RIGHTS RESERVED.