薄毛対策コラム

女性の薄毛のお悩み

女性の薄毛対策で「制限」に疲れた時の対処法

  • ダイエットしたい!
  • でも抜け毛や薄毛も気になる!

健康的な肉体と美容目的をもって取り組むダイエット。

一方で短期間で急激に体重を落とすことはデメリットもあります。

その一つが髪への影響。

  1. 食事を過度に制限する
  2. 髪に栄養が行き渡らない
  3. 抜け毛が増える

こんな流れになってしまうと、気を遣うことが多くなって疲れてしまう。

ではどうすればいいのか?

今回の記事では、「女性の薄毛対策疲れ」について、以下の目次でご案内しています。

ダイエットで抜け毛が増える仕組み

ダイエットと抜け毛対策の両立方法

ダイエットで抜け毛が増える仕組み

栄養バランスを考えることは非常に重要。

適度な運動も行いながら、健康的な体を目指す。

しかし、体重も早く落としたい。

気持ばかりが焦ると、結果的に季節の変わり目に急激に体重を落とそうとする傾向があります。

食事の偏りと髪への悪影響

食事の特徴 身体への影響
脂肪分の摂り過ぎ 中性脂肪、コレステロール値の上昇
血流が悪くなる
食事の減量 食欲を満たせない
ストレスがたまる
食べない 摂取できるエネルギーや栄養素が不足する
髪や頭皮に栄養素が行き渡らない

タンパク質やアミノ酸、ビタミンなど健康に良いとされる名前を聞いたことはある。

でもダイエットとなれば、そんな名前よりもまず痩せる!

この意識の偏りが偏食傾向につながります。

ダイエットと抜け毛対策の両立方法

ではどうすれば両立できるようになるのか?

危機意識

自分がどうなるのか?

痩せた後に、髪が抜けても良いのか?

この可能性をじっくり考えることが大切。

正常な毛髪に回復するにはかなりの時間が必要になります。

髪のトラブルが起こってからでは、より多くのお金と時間と労力を要します。

これがわかっているようでわかっていないからこそ、そのまま続けてしまう。

単純に危機感が高まれば人は意識的にカロリーを取り、その分をエネルギーとして消費する環境を作ることが可能。

食のメニューを考える

最近は、ドラッグストアでもスーパーでも一人暮らし向けの少量の野菜が豊富に入った食材も多くなりました。

  • 緑黄色野菜
  • 豆腐
  • 豆製品
  • 海藻類
  • 豚肉の赤身
  • 果物、柑橘類

単純にそこまで家計を気にしなくても、購入可能な食材は豊富に存在します。

サプリメント等に依存しない

最近は、通販需要が高まりを見せています。

しかし、補助食品は、あくまで補助なのです。

体内では絶対に取り出すことができないような不飽和脂肪酸という物質が含まれている商品もあります。

食事制限+栄養補給。

この考え方では、補助食品が機能しないのです。

髪の毛だけでなく、肌や内臓においても日々の栄養素が重要。

摂取した食べ物から栄養素を分解する

腸から吸収している

この流れがあるからこそ、日々の健康を保つことが可能です。

単純に栄養が足りない状態では脂肪を燃焼させることも困難になります。

さらに、今ある髪や体毛、肌も老朽化しやすくなります。

何より、目に見えない血管内の流れが悪くなります。

これでは、何も意味がありません。

摂取した分を燃焼させる仕組み

基本的な考え方として、ダイエットはプラスマイナスゼロを目指すようにしましょう。

デスクワーク、在宅ワーク、リモートワークの増加

エアコンによる空調コントロールされた室内環境

昔とは大きく異なり、日常的に汗をかく環境も減ってしまった。

まずは、必要最低限の摂取カロリーと消費カロリーを合わせる。

その上で、食べすぎた量を1日10分程度の運動でカバーをする。

寝る2時間前以降水以外を食べない、飲まないを徹底する。

たったこれだけでもダイエットの効果が期待できます。

もし自分独自のダイエットに限界を感じたら、いつでもお気軽にご相談ください。

発毛育毛のプロがあなたの希望にあったライフプランをご提案いたします。

PAGE TOP

ホームヘッドサポートの生える発毛初めての方へ- 施術の流れ-お客様の発毛実績薄毛脱毛対策コラム店舗案内・アクセスお問い合わせ

運営会社 合同会社IC パートナーズ・ジャパン 〒425-0035 静岡県焼津市東小川2 丁目17-1 Tel.054-626-1630

COPYRIGHT © 合同会社IC パートナーズ・ジャパン【 ヘッドサポート 】 ALL RIGHTS RESERVED.