薄毛対策コラム

原因

ヘアサイクル【毛周期】とは?薄毛の仕組みと改善方法

薄毛や抜け毛の症状が起こる原因の一つに、「ヘアサイクルの乱れ」があります。

ではヘアサイクルとは何か?

この答えについて、今回の記事で解説していきます。

ヘアサイクルとは?

 

ヘアサイクルとは、毛周期ともいいます。

毛周期とは?

髪の毛は1本ずつ周期があります。

生えて伸びた後に自然に抜け落ちる。そしてその後また再び生えてくる。

このサイクルのことを毛周期といいます。

  • 男性は、3年から5年
  • 女性は、4年から6年

上記が1サイクルの目安となります。

 

毛周期の構成

 

構成には、成長期、退行期、休止期という3つがあります。

順に解説していきます。

成長期

成長期とは、髪の毛が成長する段階。

頭髪全体の中でも8割~9割がこの対象となります。

この時期は、毛母細胞が活発なため、髪の毛がどんどん成長します。

髪は1日に0.3㎜~0.4㎜成長すると言われています。

つまり、1ヶ月では、0.3×30日=1cm前後の成長が見込まれます。

1年では、約15cmほど伸びるのが一般的です。

移行期

移行期とは、成長期の段階を終えた状態。

毛母細胞の働きが低下する時期です。

つまりは、髪の毛が成長しづらい段階です。

すると、毛乳頭細胞が毛母細胞から離れていくのです。

よって、栄養の供給や毛乳頭細胞からの指令が途絶える。

退行期の期間は、2~3週間程度。

髪全体では、1割~2割程度となります。

休止期

休止期とは、髪の成長が完全に止まっている段階です。

【特徴】

  • 毛乳頭細胞が縮小
  • 指令や栄養の供給の停止
  • 期間は2ヶ月~3ヶ月程度
  • 全体の1割から2割程度

この後には、また成長期に入り、毛乳頭細胞の活動が再開します。

衰退期

髪の毛が抜ける時期になります。

ヘアサイクルの乱れとは?

ヘアサイクルが乱れるとはどういう状態なのか?

答えは、成長期が短縮されている状態。

特徴

  • 髪の毛が伸びない(育たない)
  • 生えてくるのが遅い
  • 髪を切るまでの期間が長くなった
  • 髪の毛が細くなってきた

このような変化を体験するのです。

髪の毛が1日に抜ける量の目安

正常な髪の状態では、1日に50~100本程度が抜けるといわれています。

この本数は、自然脱毛といいます。

しかし、抜け毛が増えたという人の場合は、何か原因があると思ったほうがいいでしょう。

例えば、

  • シャワーの後の排水口に髪の毛が溜まるのが早い
  • ブラッシングや手ぐしで簡単に髪が抜ける
  • 朝起きた時、枕に髪の毛がおちている
  • 家の中の床に髪が落ちている量が増えた

このような変化を体験している時には、注意が必要です。

 

ヘアサイクルが乱れる原因

 

ヘアサイクルは、以下の要素によって、乱れます。

  • 生活習慣の乱れ
  • 栄養素の不足
  • ストレス
  • AGA

順にごご紹介していきます。

生活習慣の乱れ

生活習慣といってもいろいろな要素があります。

  • 睡眠不足
  • 過度な飲酒
  • 喫煙

髪の成長には、栄養と酸素の供給が必須です。

そのため、血管の流れがスムーズになっていることが大切。

ストレスや喫煙は、血管の収縮に関係します。

そのため、頭皮への血流が低下します。

結果的に毛乳頭細胞への栄養の供給も低下。

細胞分裂に影響を与えるのです。

飲酒はアルコール分解に髪の成長に欠かせない亜鉛を大量の消費します。

この結果、栄養不足の原因につながるのです。

不規則な生活が続くと抜け毛の原因になる?改善や対策方法

栄養素の不足

髪の毛にも必要な栄養があります。

代表的なのは、タンパク質、ビタミン、ミネラル(亜鉛)です。

ビタミンB2やB6も注目されやすい。

髪の毛の主成分はケラチンで生成されています。

髪の毛に必要な栄養「ケラチン」とは?豊富な食べ物

ストレス

コロナ禍になってストレス化社会が加速。

  • 貧困の問題
  • 仕事の問題
  • 友人関係
  • 金銭トラブル
  • 育児や介護疲れ
  • 恋愛や婚活

さまざまな要素があります。

責任感が高まる子育て世代では、正義感が強かったり、自分の意見が言えないなどの性格的な要素も関係します。

【ストレスによる影響】

  1. 自律神経が刺激を受ける
  2. 交感神経が優位になる
  3. 血管が収縮する
  4. 毛乳頭に栄養と酸素が供給されにくくなる

ストレスが原因?抜け毛の見分け方と対策方法注意点

AGA

AGAも毛周期を乱す原因となります。

agaとは?症状の特徴や原因、20代の割合

AGAのメカニズム

  1. テストステロンと5αリダクターゼが結合
  2. ジヒドロテストステロン(DHT)が生成
  3. ジヒドロテストステロンが脱毛信号を発信
  4. 成長期が短縮される
  5. 髪が成長する前に退行期に早く移行する

テストステロンとジヒドロテストステロンだけが問題か?

この答えを固執しないことが大切です。

クリニックに通って薬の処方を受けたのに、効かない、効果なしという声は、2021年の外部アンケート調査では、26%にもなっています。

クリニックの9割以上に効果があったというのは、どこまでのデータなのか?

そして、もし効果がないまま薬を飲み続けているのなら、AGA以外の原因を考える事も大切です。

 

PAGE TOP

ホームヘッドサポートの生える発毛初めての方へ- 施術の流れ-お客様の発毛実績薄毛脱毛対策コラム店舗案内・アクセスお問い合わせ

運営会社 合同会社IC パートナーズ・ジャパン 〒425-0035 静岡県焼津市東小川2 丁目17-1 Tel.054-626-1630

COPYRIGHT © 合同会社IC パートナーズ・ジャパン【 ヘッドサポート 】 ALL RIGHTS RESERVED.