薄毛対策コラム

原因

ヘアサイクル【毛周期】の乱れの回復に必要な期間や改善方法

薄毛、抜け毛を悩んでいる男女に共通する課題はいくつもあります。

その中でも今回の記事では、「ヘアサイクル」について解説していきます。

正常な髪も、以下のような流れがあります。

髪が成長する成長期

髪が衰退する退行期

髪が休息する休止期

上記の3つを一定期間で繰り返すのです。

しかし、ヘアサイクルが乱れるという言葉があります。

薄毛や抜け毛を経験した人が回復するためにはどのくらいの期間が必要なの?

いつまで回復のための努力を続けるべき?

こんな悩みにお答えしていきます。

ヘアサイクルとは?

人間の髪にも動物の髪にも1本1本に寿命があります。

成長して退行(脱毛)をする。

数ヶ月単位で繰り返すのが毛周期(ヘアサイクル)。

成長期とは

成長期は、毛髪で細胞分裂が活発に行われている期間。

毛髪全体の8割から9割に該当します。

男性は、3年から5年。

女性は、4年から6年。

この期間で起こる変化は以下の3つに分類されます。

早期 皮脂の下で毛母細胞の
中期 毛髪が成長する(産毛)
後期 毛髪が太く長く伸びる

成長期が続くからこそ、定期的に髪を切る(散髪)をするのです。

このサイクルが崩れてしまうと、以下のような悩みを抱えます。

  • 髪が伸びるのが遅い
  • なかなか生えてこない
  • 抜けた後の地肌が目立つ

移行期とは

移行期とは、細胞分裂が終了。

毛根が萎縮する期間になります。

髪全体の1割から2割程度と言われています。

この期間の髪があるからこそ、次の髪が成長期のサイクルになるのが正常なリズムです。

抜け毛の原因とヘアサイクルの乱れの関係

ヘアサイクルが崩れているの?

自分の髪は季節のせい?

ちょっとストレスを抱えたことが原因?

すぐに元に戻るの?

こんなことを考えていませんか?

正常な抜け毛は、1日100本が目安

正常なヘアサイクルになっていても抜け毛はあります。

その本数は、1日100本程度。

その本数すべてを目で確認することはできません。

シャンプーやブラッシング等で抜け毛を見ているのは、全体の6割程度。

その本数以上の毛が抜けているということを認識することが大切です。

成長期の髪が伸びない

正常なヘアサイクルになっていないと、髪が伸びない。

伸びるのが遅いと思っている人は、徐々に太い髪が減っていく。

つまりは、薄くなってきたと実感するようになります。

薄くなったと気付くきっかけになるのが、以下のような悩み。

  • ボリュームがなくなった
  • ぺたんこな頭になった
  • 髪をセットしにくい

こんな悩みを抱えているなら、早期に退行期に移行している可能性があります。

放置をしても自然回復は難しい

ヘアサイクルが乱れているのに、そのまま放置しても改善する可能性は低い。

放置すると、自己修復や自然回復よりも悪化、進行という現実が待っている。

ヘアサイクルの乱れの主な原因

ヘアサイクルの乱れの原因には3つの要素があります。

  1. AGA
  2. ストレス
  3. 生活習慣

それぞれの特徴をご紹介していきます。

AGA

AGAとは、男性ホルモンの5α還元酵素の働きに降り、脱毛因子が増加してしまう状態。

年齢的には、10代半ばの思春期頃から若ハゲと呼ばれる若年性脱毛症になることが代表的。

さらに、20代から30代、40代にかけて完成していくのです。

生活習慣の乱れ

生活習慣の見直しに必要なのは以下の項目

  • 睡眠不足
  • 栄養バランスの悪い食生活
  • 過度な飲酒や喫煙
  • 運動不足

髪に栄養を届けるためには、血流が良い体内環境をつくることが大切。

上記の項目は、いずれも毛細血管内での酸素や栄養を届ける機能を低下させる要因につながります。

過剰なアルコール摂取や喫煙による影響も当然出てきやすいのです。

ストレス

ストレスは、コロナ禍になって日常の生活制限だけでも感じられていることが多い。

以下のような悩みが代表例。

  • お金の問題(貯金、生活費が足りない)
  • 人間関係(恋愛、家族、学校、職場)
  • 自信がない(失敗、ミス、初体験)
  • 仕事(転職、リストラ、解雇等)

ヘアサイクルを改善する方法

ヘアサイクルの改善をするためには、以下の方法を考えることが大切です。

  • AGA治療
  • 生活習慣の見直し
  • ストレスの緩和

順にご紹介していきます。

AGA治療

よく知られている男性ホルモンだけではなく、私たちのヘアサイクルには甲状腺ホルモンやビタミンD、グルココルチコイドなど、ステロイドレセプターファミリーの多くも影響を及ぼすのです。

男性ホルモンは間葉系細胞にのみ直接影響を及ぼすのに対し、
男性ホルモン以外は主に毛包の上皮細胞に作用します。

男性ホルモンの代表的なものは「テストステロン」ですが、これが血中を流れて細胞内に入ると、「5αリダクターゼ」と言う酵素によって「ジヒドロテストステロン(5αDHT)」に変化します。このDHTが細胞内の男性ホルモンレセプターと結合して細胞核内に入り、標的遺伝子のプロモーターに結合して、タンパク質誘導を行い、生物学的な作用を引き起こします。

これが女性ホルモン支配下である頭頂部や前頭部に入った場合は「脱毛症状」となり、一方、男性ホルモンの支配下である体毛や髭などに入った場合には成長作用を促すのです。

前提として、すべての人がAGA治療で改善をするわけではありません。

AGA治療を受けた方の中にも以下のような説明を受けていることもあります。

  • 副作用(初期脱毛、むくみ、多毛症)が止まらない
  • 効かない、効果なし
  • AGA以外の原因が関係しているかもしれないと言われた

このように、内服薬や外用薬、毛髪再生両方を受けたからすべてが解決するというわけではありません。

生活習慣の見直し

社会人も学生もなかなか自分の生活リズムを変えるのは難しい。

しかし、日常の習慣にしている対象の中には工夫ができる事もあります。

例えば、

  • 体に良い食材を定期的に摂取する
  • 睡眠前のスマホ、パソコンの操作をやめる
  • 夜型から朝型の生活習慣に切り替える
  • 少しずつでも運動を取り入れる

規則正しい生活を送ることが、髪に栄養を届ける血管の管理につながります。

ストレス

ストレスについては、自分の生活でどう自分の中で処理をするのかを考えることが大切。

  • 親とのコミュニケーション
  • 兄妹姉妹の比較に伴う劣等感
  • 自分に自信がないメンタルケア

いろいろな点で自分の中にあるストレスの原因に向き合うことも大切。

何よりも、自分を受け入れることを前提に考えておくことが大切です。

PAGE TOP

ホームヘッドサポートの生える発毛初めての方へ- 施術の流れ-お客様の発毛実績薄毛脱毛対策コラム店舗案内・アクセスお問い合わせ

運営会社 合同会社IC パートナーズ・ジャパン 〒425-0035 静岡県焼津市東小川2 丁目17-1 Tel.054-626-1630

COPYRIGHT © 合同会社IC パートナーズ・ジャパン【 ヘッドサポート 】 ALL RIGHTS RESERVED.