薄毛対策コラム

aga

頭皮を押すと痛いと感じる原因と対処法や注意点

頭皮を押すと痛みを感じることがある

日常生活では何も刺激をしていないはずなのになぜ?

頭皮は繊細です。

頭皮は、1日の中で、紫外線をはじめ、さまざまな外的刺激を受けています。

今回の記事では、頭皮が痛いと感じた時の原因と対処法について以下の目次で解説しています。

頭皮が痛い原因

指で押すと頭皮が痛い時の対処法

頭皮の色でダメージをチェック

髪に関係する頭皮神経痛とは?

頭皮環境の悪化はサロンに相談

頭皮が痛い原因

 

頭皮に痛みを感じる原因のひとつができものです。

頭皮にできるできもの

頭皮に関係するできものの一部では、以下の種類があります。

  • 脂漏性皮膚炎
  • のうか湿疹
  • アトピー性皮膚炎
  • 接触性皮膚炎
  • 頭皮の乾燥
  • 毛嚢炎
  • 尋常性ざ瘡
  • 毛包炎
  • せつ(おでき)
  • 粉瘤

等があります。

皮膚科受診の目安

頭にできものがあると分かった時には、いくつか対処があります。

触らず、清潔な環境を保つことで、自然に緩和し、完治することもあります。

しかし、以下のような場合は、皮膚科の受診をしたほうが良い場合もあります。

  • 徐々に大きくなる
  • 強い痛みを伴う
  • 膿の流出がある

上記のような際には、いつから?どのような変化をしたのか?等をきちんと症状を医師に相談しておくことが大切です。

 

指で押すと頭皮が痛い時の対処法

 

指で頭皮を押すと痛みがある。

この症状の中には、「ニキビ」も含まれます。

ニキビは、放置しても自然に治癒することが多いです。

悪性とまではいえない症状のひとつです。

しかし、悪化する可能性はあります。

悪化を防ぐポイント

悪化する理由は、「ターンオーバーの乱れ」

ターンオーバーとは、約6週間のサイクルで起きます。

  1. 表皮の一番奥にある基底層から新しい皮膚細胞が生成
  2. 上へと押し上げられて表面に成長していく
  3. 赤や古い角質として剥がれ落ちる(排出)

【ターンオーバーが乱れる影響】

  1. 角質が表皮にとどまってしまう
  2. どんどん厚くなっていく
  3. 皮脂が毛穴に詰まってしまう

この状況から、ニキビとなっていくのです。

ニキビができる原因

間違ったシャンプーも原因のひとつとなります。

具体的には、

  • シャンプーをしっかり洗い流していない(すすぎがあまい)
  • お風呂上りに早めに乾かさないで放置している

このような状況が続くと、アクネ菌と呼ばれる雑菌が増殖します。

アクネ菌がニキビに侵入することで、腫れや痛みを引き起こします。

対処法

正しいシャンプーによるケアを心がけることが大切。

  1. 低刺激であなたの肌と相性の良いシャンプーを選ぶ
  2. やさしく洗う(頭皮をマッサージする感覚で洗う)
  3. シャンプーはしっかり泡立てて使う

このような点を意識しましょう。

さらに、お風呂上りには、早めにタオルドライとドライヤーで頭皮を乾かすことも大切です。

 

頭皮を指で押すと痛い時の生活習慣見直し

 

先ほどの肌のターンオーバーを含めて、髪の毛の環境が悪化する原因は血行不良。

血行不良との関係性は、以下の流れになります。

  1. 血管の血行に問題が生じる
  2. 毛細血管により各部位に運ばれる栄養や酸素が不足しやすくなる
  3. 血の巡りが停滞すると血管がふくらんでしまう

結果的に、頭皮が盛り上がっていくという状態にもつながります。

頭皮の血行不良の原因

  • 睡眠不足
  • 眼精疲労
  • ストレス

等に注意が必要です。

【睡眠不足】

睡眠不足が続くとどうなるのか?

  1. 自律神経が乱れる
  2. 血の巡りが悪くなる
  3. ホルモンバランスが崩れやすくなる

【眼精疲労】

  1. 目が疲れる
  2. 首や肩の血流が悪化(肩こり、首の凝り等)
  3. 頭皮の血行も滞ってしまう

【ストレス】

  1. ストレスがたまる
  2. 自律神経が乱れる
  3. 血行が悪化する

このように、生活の中で、頭皮の血行を悪くする要因はいくつもあります。

血行が悪化することで、肩こりや首の凝り等が起こります。

酸素や栄養が行き届かない環境が続くことで、薄毛や抜け毛の原因につながっていくこともあります。

  • 生活リズムを見直す。
  • 睡眠の質を向上する。
  • 栄養バランスの良い食生活を心がける。

これらが髪の毛だけではなく、健康管理の上でもとても大切。

日常的にパソコンやスマホの操作をする人は特に意識してください。

  • 定期的に離席をする。
  • ストレッチを行う
  • 遠くのものを見るようにする
  • 椅子の高さ等を調整してみる

こうしたちょっとした行動でも対応は可能です。

 

頭皮の色でダメージをチェック

 

自分の頭皮の色をチェックしたことはありますか?

地肌が赤くなっている

頭皮が赤くなっているのは、危険です。

なぜか?

以下の原因が考えられるのです。

  • 紫外線によるダメージを受けている
  • 炎症を起こしている
  • 薬剤による影響

【紫外線によるダメージ】

これは、一般的に「日焼け」の状態です。

夏から秋にかけての紫外線によるダメージが蓄積し、頭皮の成分が奪われてしまうことがあります。

【炎症を起こしている】

炎症を起こしている場合は、花粉症などの影響も考えられます。

春先にくしゃみや鼻水などアレルギー性鼻炎の症状がある方は、あわせて症状の相談をすることも大切です。

【薬剤による影響】

薬剤とは、

  • ヘアカラー剤
  • パーマ液
  • 整髪剤
  • シャンプー

等の影響が考えられます。

頭皮に影響がある場合は、拒絶反応が示されているア倍もあります。

自力で原因を特定することは困難です。

病気ではない。

「そういえば、数日前に新しい商品を試した。」

思い当たるふしがあれば、早めにサロン等で頭皮チェックを受けることをおすすめします。

対処法

紫外線ダメージによる対処法は、UVケアです。

  • 帽子を被る

これが一番簡単な方法です。

炎症を起こしている

この場合は、皮膚科に受診をすることが大切です。

アレルギーがない、これまでにアレルギーが無かったという方は、一旦皮膚科に受診。

これまでにアレルギー性鼻炎等の経験がある方は、耳鼻科や耳鼻咽喉科と皮膚科の併設している最寄りの診療所(クリニック、○○医院)などに相談をすることをおすすめします。

この場合は、アレルギーの原因を特定し、薬を処方してもらうほうが治りが早くなるでしょう。

 

髪に関係する頭皮神経痛とは?

 

頭皮の痛みとして、皮膚ではなく、神経痛の可能性もあります。

頭皮神経痛とは?

頭皮神経痛とは、コロナ禍のテレワークで増えている第四の頭痛「後頭神経痛」。

神経痛は、神経障害疼痛とも呼ばれます。

痛みの特徴

  • じりじりとした痛み
  • ジンジンする

このような独特な痛みを不規則に経験しているのです。

痛みの他に深刻な事態にはならないのも特徴とされています。

原因

原因は、さまざま。

  • 姿勢が悪い
  • ストレス
  • 騒音
  • 大気汚染
  • 気候変動に身体がついていかない
  • 生活環境の急激な変化
  • 季節の変わり目

上記のような刺激により、新陳代謝が邪魔されてしまうことが要因です。

髪の毛をケアするためには、頭皮や髪の毛だけでなく、日常生活に対しての免疫機能を維持することも大切です。

 

頭皮環境の悪化はサロンに相談

頭皮の痛みは、自分では毎日確認することが困難な症状のひとつです。

皮膚科の医師に相談する

頭髪専門のサロンに相談する

症状が悪化して深刻な状態になる前に早めに対処しておくことが大切です。

そして、繰り返さない、再発させないための正しいヘアケアの基礎を知っておくことも大切です。

参考資料

頭皮神経痛

PAGE TOP

ホームヘッドサポートの生える発毛初めての方へ- 施術の流れ-お客様の発毛実績薄毛脱毛対策コラム店舗案内・アクセスお問い合わせ

運営会社 合同会社IC パートナーズ・ジャパン 〒425-0035 静岡県焼津市東小川2 丁目17-1 Tel.054-626-1630

COPYRIGHT © 合同会社IC パートナーズ・ジャパン【 ヘッドサポート 】 ALL RIGHTS RESERVED.